MENU TEL

ビーチサッカーでの怪我

ビーチサッカーはサッカーやフットサルよりも怪我の頻発する種類が異なります。
砂浜での競技は地面からの反発力が少なく、捻挫や肉離れなどの怪我が少ないです。

ビーチサッカー:接触による怪我が多い(足の指の骨折や靭帯損傷など)

フットサル:捻挫、シンスプリントなどが多い(足首の捻挫やアキレス腱、膝靭帯など)

サッカー:捻挫、肉離れなど。全般的に多い。

ビーチサッカーでの怪我では足の指の怪我が特に多いです。裸足で行う球技なのでボールの衝撃が指にかかります。
足の指の突き指をしたときは、まず冷やして、テーピングなどで固定をして安静にしていきます。
そして、超音波治療、鍼灸治療などでしっかり治癒速度をあげます。そしてパフォーマンスを落とさないように体の状態を整えていきます。

またシンスプリントなどのオーバーワークなどでおきた怪我のついては、鍼灸治療、整体で体の柔軟性をつけていきます。

日常生活に支障のないような治療

急性期の捻挫の最適な治療というのは、安静にしておくということです。本来ならばギプスなどで固定するのが良いのですが、それでは日常生活に支障をきたすことになってしまいます。
そのため、アイメディカル鍼灸整骨院では、必要最低限の固定をおこない歩いたりするのには痛みもなく、動きの制限もないようにしていくことが出来ます。  
沖縄県はビーチサッカーの盛んな県です。そして環境や人口も多くいます。日本一のチームも在籍しています。

アイメディカル鍼灸整骨院ではビーチサッカーをやっている選手を応援しています。是非体に困った時はケアメディカル整骨院で治療をお願いします。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士