TEL LINE

肩が挙がりにくい、挙がらない | 前橋市の整骨院なら実績多数のアイメディカル鍼灸整骨院|腰痛・不妊・むちうち

お問い合わせはこちら
LINE

Blog記事一覧 > 気になる症状 > 肩が挙がりにくい、挙がらない

肩が挙がりにくい、挙がらない

2020.05.12 | Category: 気になる症状

肩が挙がらなくなる症状は急に出てくるケースもあれば

徐々に出てくるケースもあります。

スポーツの球技などでボールを投げると痛みがある、洋服を脱いだり着たりができないなどのお悩みの方は

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)になってしまっているかもしれません。

肩関節の靭帯や腱などの肩回りの炎症によって痛みや運動制限がでてしまうものが肩関節周囲炎です。

病院で注射で治療するのもいいのですが、鍼灸治療や温熱療法や運動療法を中心に治療をしてあげることが一番大切です。

炎症によって肩関節が固まってしまい結果、肩が挙がらなくなってしまいます。

固まってしまっている肩関節の可動域を広げてあげることがとても大切で

関節の運動をしてあげないと今後、肩が挙がらないという症状はずっとついてきます。

薬などは痛みは緩和しますが肩の関節が全然動かなくなってしまったなどの相談もよくある事例です。

固まってしまった肩関節は運動療法で動かしてあげないと動くようになることはありません。

中々自分でできない方も多いので専門家に任せて治療をしておくことが重要です。