MENU TEL

ギオン管症候群とは?

尺骨神経障害の一つで力を入れた時の痛みや力が入りにくい、指先が痺れるなどの症状がある場合はギオン管症候群かもしれません。

ギオン管とは手根骨の有鈎骨と豆状骨の中央を通り尺骨神経が何かしらの原因で圧迫などをされてしまい小指や薬指に痛みや痺れが出たり手のひらの薬指や小指の感覚が鈍くなり麻痺をしてしまった場合などをギオン管症候群と呼んでします。症状が酷くなると筋肉の萎縮が強くなり握力の低下や箸を使うことが出来なくなったりボタンなどがとめられなくなったりしてしまいます。

また肘の部分で尺骨神経を圧迫することで出る神経症状は肘部管症候群と呼んでいます。

原因

① 仕事などで大工作業や硬い工具や力を入れて作業したりで手首周辺に負担がかかり続けることで尺骨神経を圧迫してしまいます。

② 骨折などの怪我によって骨の変形や仮骨の形成でギオン管が狭くなることで発症します。

③ 良性の腫瘍のガングリオンがギオン管の周辺にできてしまうことで尺骨神経を圧迫してしまい発症します。

症状

① 小指と薬指の筋委縮

② 指の変形(鉤爪変形)

③ 小指と薬指の感覚麻痺、痺れ

 

前橋市表町にあるアイメディカル鍼灸整骨院ではギオン管症候群に対して鍼灸治療、運動療法、サポーター、テーピング固定、超音波、関連している前腕部の筋肉のほぐしや手技などで治療をしていきます。

ギオン管症候群は手を使うことの多い職業の方へ最適な治療を行っております。

悩んでいる方は当院へご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士