MENU TEL

被害者請求とは

事前認定と被害者請求

被害者請求
被害者請求とは被害者が自ら直接、自賠責保険会社に対して請求することの方法です。被害者請求のデメリットは自ら請求することで資料や書類を揃えなくてはいけません。しかしメリットはその分、適正な判断、診断、認定がされるように立証責任をはたすことができます。行政書士や弁護士に相談、依頼をして申請することもできます。

事前認定
事前認定とは交通事故の後遺障害の認定を受けるための方法の一つです。交通事故によって後遺障害が残った被害者は、後遺障害認定を受けないと後遺障害慰謝料の支払いを受けることが難しくなります。その為、被害者請求で自賠責保険に直接、後遺障害の認定をするか事前認定で加害者の任意の保険会社にしてもらう2つの方法があります。事前認定は相手の保険会社がすべてやってくれるので手間がかからなく便利ですが、書類の不備や検査の不足や後遺症認定が適切に認められるようにアドバイスをしてくれることはほぼありません。

被害者請求用の書類を取り寄せる

被害者請求をするために保険会社へ連絡して取り寄せるのですが、初めての場合はどこの保険会社へ連絡すればよいか分からないかもしれません。事故証明書を取得すると”自賠責保険関係”という欄がありそこに相手側の保険会社と番号が記載されているので、該当する保険会社へ連絡して書類を取り寄せてもらいましょう。

1.事故発生状況報告書

交通事故で事故が発生した時の状況を詳しく文章と図で書きます。事故発生の際の道路状況・信号や標識の有無・運転速度・道路幅について回答していきます。事故発生時の図を描く時のポイントは道路状況を書いていくのですが、カーブは緩やかなのか、急なのか。標識やセンターラインや横断歩道なども詳しく書くことです。それからお互いの車の位置はすごく重要です。特に10:0でしっかり加害者側に責任があるように具体的に書いていかなくてはいけません。

2自賠責保険金請求書

書類の中でメインとなるもので請求者の名前・電話番号・住所・振込先の銀行口座などです。加害者の情報も記入する箇所もありますが事故証明書に書いてある情報を書いていきます。職業を書くところには家事従事者も主婦や主夫と書きますので無職ではありません。

3.交通事故証明書

事故証明書は警察署か交通安全センターで発行してもらいますのでまだ手元にない方は発行してもらいましょう。事故が発生した際の状況を図と文章で詳しく書きます。

4.印鑑証明書

被害者請求をする際に必要ですので請求者本人の印鑑証明を役所などで貰いに行きましょ

5.診断書と診療報酬明細書

交通事故で病院や整骨院に通院する際はその症状が交通事故によるものなのかを証明するために病院であれば診断書、整骨院であれば施術証明書を作成してもらいます。治療をした際は診療報酬明細書と領収書が必要です。

6.その他の書類

● 通院交通費明細書:治療を受診する際にかかった交通費を請求する書類です。タクシーを利用した場合は必ず領収書をもらいましょう。公共機関で通院した場合は経路と交通費を書いていきます。車で通院した場合は計算方法があり自宅から治療を受けた機関の距離を調べて日数を掛けて計算します。

●休業損害証明書:給与所得者が交通事故によって仕事を休まなくてはいけなくなった際に請求できる書類です。書類は3か月ごとの記入になっていますので長期間休んだ場合はコピーをしてつかうこともできます。前年度の源泉徴収票も必要ですので併せてしましょう。

これが被害者請求の基本的な作成方法です。案内の中にも記入例があるので、必要書類さえ揃えておけば作成は難しくありません。
群馬県前橋市にあるアイメディカル鍼灸整骨院では、このような被害者請求のアドバイスや専門的な方への紹介もやっています。
ぜひ一度ご相談下さい。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士