MENU TEL

アイスホッケーでの怪我

アイスホッケーで怪我をした時は、すぐにアイメディカル鍼灸整骨院まで治療を。

アイスホッケーはスケートはグラウンドホッケーと比べ格段に早いスピードが出て
「氷上の格闘技」と言われ、接触等による危険度が高く全身に防具を装着してプレーを行うことが義務づけられています。

最近ではマウスピースも義務づけられてきました。

アイスホッケーで多いケガ

腰痛

氷の上で姿勢を常にバランスを保つというのは、臀部・足・背中・お腹の筋肉を使い続けています。

アイスホッケーの基本姿勢は肩・膝・つま先を一直線上にする。上に書いた筋肉の働きが悪いと腰に負担がきてしまいます。それで痛みになるというわけです。

膝の靭帯損傷・断裂

上半身と下半身が別の動きをすることでフェイントになったり、体勢を崩したポジションからシュートが打てたりします。
この動きによって、腰の捻じれ、膝関節の靭帯損傷、足関節の捻挫が生じ膝関節や足関節のケガが起こります。

特にゴールキーパーは「バタフライ」という姿勢でゴールを守るため膝内側の靭帯を痛めやすいです。

足関節捻挫

アイスホッケーの靴は硬い素材で、足首が覆われているので自分で捻挫してケガということはほぼありません。
人に上から乗られたり、壁に挟まれたりして足首を捻挫するということがあります。

手関節捻挫

ホッケーはスティックを巧みに扱いパックを保持します。スティックは自分の身長程の長さになるためスティックを握ったまま腕を逆方向に持っていかれたり転倒して手首をついてしまったりで手関節をねじったりします。

骨折 打撲

コンタクトスポーツでアイスホッケーほど骨折、打撲が多く発生する競技はありません。
アイスホッケーは唯一壁を使える競技で、壁からの衝撃はとても大きいです。

脳震盪

しかし上手く使わないと壁にぶつかり脳しんとうや骨折が起こります。ほぼすべての部位が防具で覆われていますが硬いパックやスティックのグリップエンドが間を縫って身体に当たってきます。
打撲は非常に多いです。

アイメディカル鍼灸整骨院では、アイスホッケーで怪我をした体を治療していきます。また怪我の予防でしっかりとした体作りもやっています。

激しくとても体力がいるスポーツなのでしっかりとしたケアが必要です。

鍼灸治療、テーピング、整体、超音波治療、骨格矯正など様々な治療で施術します。

是非アイスホッケーで怪我をしたらご相談下さい。

県外からのキャンプでトレーニングに来た時の治療も受け付けています。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士