MENU TEL

交通事故での交通費

交通事故での通院に対しての交通費は請求できますので必ず請求するようにしましょう。

1 交通費は全額支給される

病院や整骨院などに通院した際の交通費は支払いの対象になります。

通院の際は車、電車、バス、タクシーを使いますが、車の場合は1キロ15円という計算方法です。

電車やバスは往復の代金です。

タクシーも対象となりますが、タクシーを使わなくてはいけない理由が必要になりますので保険会社の担当者との相談が必要になってきます。

 

2 タクシーの場合は領収書が必要

交通費で一番、もめる案件としてタクシーの利用についてです。

交通費は必要かつ妥当な費用として決められているもので通常であったらバスや電車、自家用車です。

ですのでタクシーでの通院になると、なぜタクシーが必要なのかを証明する必要があります。

・交通事故によって怪我をしてしまった程度や部位

・年齢

・交通機関の便

などの証明が必要になり認められた場合にのみ支給されます。

例えば、骨折などの重度の怪我を負ってしまった、高齢である、家族や身内が周りにいなくて送り迎えをしてくれる方がいない

などです。

またタクシーを使った場合は領収書が必ず必要になりますので保管しておきましょう。

 

3 徒歩の場合は?

残念ながら徒歩で通院した場合は請求することはできません。

徒歩の場合は交通費を節約したからといってその分を請求しても認められることはありません。

 

4 自家用車の場合はガソリン代として

自家用車の車で通院していた場合はガソリン代として請求します。

燃費や車種によってかわることはなく

1キロ15円で計算されますので

自宅~病院、または整骨院☓通院日数

で計算します。車で通院した場合は領収書は必要はありません。

 

5 通勤の分も請求できるのか?

交通事故で怪我をしてしまい通院での治療が必要になった場合では

普段は自家用車で通勤をしていたが、怪我によって運転ができなくなってしまいバスや電車を利用して通勤をすると思います。

また骨折などで満員電車では通勤が困難な場合はタクシーを使うと思います。

このようなことで普段と異なる交通手段をしなくてはいけないときは普段の通勤代との差額で請求できます。

6 家族の付き添いの場合は?

怪我をした本人が12歳以下の子供の場合は親の付き添いが必要であり相当性が認められやすいです。

その場合は付き添い看護費として請求でき、付き添いの交通費はそちらに含まれます。

 

7 通勤定期を使っている時は請求できるのか?

会社員の方や普段、電車やバスを使って通勤している方は定期券を利用していると思いますが

通院先の整骨院や病院が通勤定期の範囲である場合は交通費は請求できません。

それは交通事故によって交通費を支出したと言えないためです。

ですので交通費を請求できるのは実際に支出した時だけに限られます。

 

前橋市表町にあるアイメディカル鍼灸整骨院では交通事故の交通費に関して患者様に分かりやすく説明させていただいております。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士