MENU TEL

妊娠中のむくみの治療

妊娠中のむくみの改善はアイメディカル鍼灸整骨院で

妊娠中に自分の足をみてビックリしていませんか?したことありませんか?

妊娠中にむくみがひどくなるとゾウみたいにむくんでしまうこともあります。

外出したいけど靴が履けない、足首がみえなくなってしまっっている、、、

そもそもむくみとは体に水分が溜まってしまっておこります。妊娠中ではとくに、お腹の赤ちゃんを成長させるために血液量が増えて、後期になるとピークをむかえます。そして赤ちゃんが成長するにつれて血管を圧迫してしまい足の血液が心臓に戻りにくくなってしまいます。悪化していくと足だけではなく手もむくんでしまいます。

手がむくんでしまうことで指輪が入らない、取れないなどもおこります。

ですが、水分を取らないようにしてしまうとそれは逆効果になってしまいます。体は水分不足になると余計に水分を逃さないようにとするため余計にむくんでしまます。脱水症状にもなり危険ですので水分はしっかり補給しましょう。

 

むくみが悪化する原因

1 水分不足

2 運動不足

3 長時間の同じ姿勢

4 冷え

むくみで体重が増加?

妊娠中に一番気になるのが体重の増加だと思います。

むくみ過ぎてしまっても体重は増えてしまいます。身体がむくんでいる状態は水分が蓄えられている状態でもあります。

その分、体重に影響してしまいます。

食事制限をしていて頑張っているのに体重が増えてしまっている場合はむくみが原因かもしれません。

体内にたくさんの水分を貯めこまないようにどんどん水分をとってどんどん出すというサイクルが大切です。

むくみを解消するために

1 無理をしない程度のウォーキング

血行を良くするために筋肉の収縮運動をすることは大切です。血行が悪いのもむくみの原因ですので足を動かす運動がおおすすめです。しかし妊娠中ということもありますので無理は禁物です。体調がすぐれないときは無理をせず体調がいい時にやっていきましょう

2 水分補給

妊娠中はお腹にいる赤ちゃんの分まで水分をとらなくてはいけません。
その水分が不足すると体は必死に水をため込もうとします。
そうしてしまうとむくみが悪化してしまいますし身体に悪いものをため込んでしまいます。
こまめに水分補給をして何度もトイレに行きましょう。                                                                                                                            お勧めの飲み物が

どくだみ茶、黒豆茶、タンポポ茶、ごぼう茶

3 塩分の取りすぎ

むくみの対策の食事で気を付けなければいけないのが、塩分の取りすぎです。

塩分は体内の水分のバランスを崩してしまう一番の原因です。取り過ぎで妊娠高血圧症になることもあります。

4 カリウムを含む食べ物を摂取

カリウムは塩分を取り過ぎてしまった身体からの排泄を助けてくれますし、利尿作用もあります。

アボカド、栗、バナナ、柿、ブドウなどがとてもいいです。

 

前橋市にあるアイメディカル鍼灸整骨院では妊娠中のむくみで悩んでいる方へのケアに特化しています。

手技、鍼灸治療、温熱療法、整体などで治療していきます。

もし周りで悩んでいる方がいましたらご紹介ください。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士