MENU TEL

レスリングでの怪我

レスリングでは組み合ったりフォールなどの攻防を繰り広げるスポーツです。

相手の技をかわしたり逃げることの動作をする時に首や肩を捻る動作や軸足などで踏ん張ったりすることで膝や股関節を痛めることが多いスポーツです。

肩関節でいえば脱臼や亜脱臼が起こりやすく癖になってしまうことも少なくありません。

首ではブリッジをして捻ったりすることで頸椎を痛めてしまったり椎間板の減少により痺れなども起こしやすいです。

重症になるとヘルニアになることもあります。

それから投げられたり、投げる際に肘関節を痛めることも多いです。

靭帯損傷や脱臼も起こります。

これらの怪我をしてしまった時はまずアイシングを必要になります。

捻挫や打撲は痛みとともに腫れがでてきますのですぐに冷やすことを忘れないでください。

それから怪我をしてしまったときは安静にすることはとても大切です。

テーピングや包帯で固定することも大切ですし、サポーターで固定することも大切です。

前橋市表町にあるアイメディカル鍼灸整骨院では練習時のテーピングや試合前のテーピング固定をすることも多いです。

怪我をして我慢をしながらやってしまうと大切な試合にでれなくなってしまうこともある為、治療をしてあげることは重要になります。

アイメディカル鍼灸整骨院では手技、鍼灸治療、整体、超音波、矯正、テーピング固定などでケガを早期に治していきます。

怪我で悩んでいる方は一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士