MENU TEL

ロードバイクの怪我

自転車は結構危険な乗り物でスピードすごくでるロードバイクは転倒してしまうと大怪我に繋がってしまいます。

スピードの出し過ぎで転倒してしまい流血をしてしまった、ハンドルを握っていて転倒してしまい手首を痛めてしまったなどの患者様は大変多いです。

 

 

 

スピードに注意

ロードバイクは勢いよく漕げば時速45キロくらいは出てしまうため、スピードの出し過ぎには気を付けなければいけません。スピードを出し過ぎると急な曲がり角で曲がり切れず転倒、急に何かが飛び出してきたときに避けきれないなどの危険があります。もし急いでいてもスピードの出し過ぎには気をつけてください。

段差に注意

道や道路のいたるところに段差があると思います。ロードバイクのタイヤは細いこともあり段差で横に滑ってしまい転倒するケースも少なくありません。

ですのでタイヤの幅をしっかり考えながら段差を越えるようにしましょう。

スリップに注意

ロードバイクのタイヤは通常の自転車と比べて溝が深くありません。ですのでスリップをしやすくなっています。

砂が多いところや積もっていることろ、マンホール、白線などは特に気を付けなければいけません。

できればそういうところは避けて走っていただきたいです。もし走行しなくてはいけないときは足をすぐつけるように準備しておくことが大切です。

歩行者に注意

ロードバイクを運転している際は常に歩行者の事を気にする必要があります。歩行者は急に動き出したり、急に走り出したりなど予測が難しいです。

誤って避けきれず転倒してしまい怪我をしてしまうことも多いです。

近くを通らなくてはいけないときはすぐに止まれるスピードにしておきましょう。

 

ロードバイクでケガをしやすい症状

・膝

ペダルの漕ぎ過ぎで膝のオーバーワークを起こしてしまいます。膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎、鵞足炎、タナ障害などペダルをこぎ続けることで膝関節に負担が

かかり続け痛みや炎症がでてしまいます。

・指、手首

転倒時に手をついたりハンドルを握ったまま転倒することで突き指や手首の捻挫、重症の場合は骨折や脱臼などもおこりえます。

・打撲

転倒した時に身体のあちこちを強打してしまい腫れてきたり内出血をしてしまうことも多いです。

・腰痛

前傾姿勢で保つため背中から腰に負担がかかり腰痛に悩ませられる方も多いです。

 

前橋市アイメディカル鍼灸整骨院ではクロスバイクによって怪我をしてしまった方の治療を得意としています。

鍼灸治療、超音波、整体、矯正などで治療していきます。

痛みや辛さを我慢し続けていると体が思うように動かなかったりパフォーマンスが低下してしまいますので悩んでいるかたは早目の治療をお勧めします。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士