MENU TEL

卓球で怪我

卓球をしていて怪我をしてしまった場合はアイメディカル鍼灸整骨院へ

卓球では細かい動作や手足を激しく動かすことで手首、肘、指、腰、肩、背中、膝を痛めてしまうことがあります。

卓球は相手選手との接触や転倒はあまりありませんが、同じ動作の繰り返しでの負担や前傾姿勢での負担で痛みや辛さがでやすいです。

 

肘関節や手関節

ラケットを長時間持つことやスマッシュ、バックハンドで打つことで肘関節や指、手関節に少しずつ負担がかかることによって痛みがでてきます。ひどくなるとラケットを握れない、握力が低下してしまうなど。最も多く発生するもので、筋肉の疲労から来る軽い腰痛のほか、腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニアと言った専門医の診察が必要なものもある。

腰や背中

筋肉の疲労や前傾姿勢や身体を捻りながら打つことで筋肉への負担も増え痛みがでてきます。場合によってはヘルニアやぎっくり腰になることもあります。

激しいラリーで膝をひねってしまうなどで、靭帯損傷・断裂、半月版損傷など想像以上に大きなケガになる事もある。

肩関節

無理な体勢からの打ち出しや繰り返しのストロークで関節に炎症を起こしてしまい長い期間我慢をしていると肩関節周囲炎(四十肩)になることもあります。

前橋市表町にあるアイメディカル鍼灸整骨院では、整体、鍼灸治療、テーピング、超音波治療、骨盤矯正などの治療方法があります。卓球によるパフォーマンスを向上できるためにケアをさせていただいています。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士