MENU TEL

三角繊維軟骨損傷(TFCC損傷)

三角繊維軟骨損傷とは?

日常生活やスポーツで手をついたりしてしまい手関節の捻挫をしてしまうことは多いと思いますが手関節捻挫の中にTFCC損傷というものがあります。また慢性的に手の使い過ぎで繰り返しの負担でなってしまうこともあります。三角繊維軟骨は手関節の内側にあり尺骨にあり手の小指側に痛みがでた場合はTFCC損傷の可能性があります。

見落としやすい、見落とされやすい

患者様の中に整形外科でレントゲンを撮ってきたけど特に異常はないと言われてしまい湿布をだされただけで終わってしまい、それでも中々痛みが取れないと相談を受けるのですが、そもそも軟骨はレントゲンに映らないため異状なしと言われることがとても多いのが特徴です。しかし、痛みがでている部分をしっかりみてあげることでTFCCを痛めているのはわかります。

症状

手関節の捻挫と同様の症状になりますが痛みと腫れがでてきます。しかしTFCC損傷の場合は痛みと腫れはでますが小指側の尺骨部の周辺に痛みがでることが多く捻る動作をすると痛みが出るのも特徴です。

 

前橋市表町にあるアイメディカル鍼灸整骨院ではTFCC損傷に対して、鍼灸治療、超音波、テーピング固定、サポーター固定などで治療を行っていき早期に痛みが取れる治療法で治療をしていきます。手関節の捻挫でお悩みのかたは一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

アイメディカル鍼灸整骨院

所在地〒371-0024
群馬県前橋市表町2-30-8 エキータ3F(旧イトーヨーカドー)
電話番号027-212-2299
駐車場多数あり
予約お電話にてご予約いただけます。
休診日第一日曜、祝祭日
院長立田 雅士